船で24時間かけても行く価値あり!絶海の楽園、小笠原諸島へ ボニンブルーの美しい海!世界自然遺産の島々

©小笠原村観光局

東京から南へはるか1,000km、大小30あまりの自然豊かな島々。
全域が東京都小笠原村に属しています。聟島(むこじま)列島、父島列島、母島列島、火山列島(硫黄島列島)の4つに分かれており、村の中心は父島(ちちじま)にあります。
小笠原諸島は、2011年6月に、ユネスコの世界自然遺産に登録されました。
ボニンブルーと呼ばれる青く濃い独特の海の色が特徴。日本語の「無人」を、かつて島を開拓した人々がボニンと発音したことに由来するそうです。
本日はそんな小笠原諸島の魅力に迫ります!

父島の玄関港 二見港(ふたみこう)

小笠原諸島 父島 二見港
©小笠原村観光局

東京港竹芝桟橋から定期船「おがさわら丸」に乗って、24時間の道のりをかけて到着するのが、二見港。
ハワイに行くより遠い東京都内がここ、小笠原です。

父島 大村海岸

小笠原諸島 父島 大村海岸
©小笠原村観光局

二見港のすぐそばにある海岸。
現地の人は「前浜」と呼んでいます。繁華街にも近いので、朝の散歩や夜はのんびり星空を眺めるものおすすめです。
アオウミガメの産卵の場所でもあるので、見かけることもしばしば。

父島 ジニービーチ

小笠原諸島 父島 ジニービーチ
©小笠原村観光局

父島最南西端の白砂が美しいビーチ。
船でしか行くことができないので、プライベート感があるビーチです。

父島 ウェザーステーション展望台

小笠原諸島 父島 星空観察
©小笠原村観光局

街灯のない展望台、通称:ウェザーステーションからは満天の星空を見ることができます。
小笠原は「全国星空継続観察」で2年連続星空が「日本一」になった場所。運が良ければ天の川がハッキリ見えるかもしれません。

自然満喫の体験はいかが?

マリンアクティビティなら、シュノーケリングやダイビングがおすすめ!
小笠原の海では一年中を通して野生のイルカに出会うことができます。イルカを驚かさないようにゆっくり泳げばイルカの方から寄ってくることも。

小笠原諸島 ドルフィンウォッチング
©小笠原村観光局

小笠原で楽しめるアクティビティ一覧はこちら>>

山のツアーなら、トレッキング♪
赤い岩肌がハート形に見えるため、ハートロックと呼ばれる、千尋岩。

小笠原諸島 千尋岩(通称ハートロック)
©小笠原村観光局

森を抜けると大パノラマの海が!
※陸路のアクセスはガイドの同行が必要です。

その他の島もご紹介します!

母島(ははじま)

小笠原諸島 母島 乳房山からの景色
©小笠原村観光局

父島から南へ約50キロのところにある母島。父島と母島のみ唯一、一般の住民が暮らしています。
母島では山歩きが充実!一番高い山「乳房山」へ母島特有の動植物を観察しながら、トレッキングするのがおすすめです。

南島(みなみじま) 扇池

小笠原諸島 南島 扇池
©小笠原村観光局

11月~2月上旬まで入島が禁止される南島。
ここはなんと1日に100人しか上陸できない島なんです。
これも美しい自然と貴重な動植物を守るため。ルールを守って大自然を体験しましょう。

最後に・・・

小笠原諸島 おがさわら丸
©小笠原村観光局

もはやお祭り!?おがさわら丸の出港日はお見送り人がたくさん!
なんと伴走をしてくれる船まで!気持ちが温かくなりますね。

小笠原諸島を訪れるおすすめツアーはこちら

【東京竹芝桟橋発着】世界自然遺産 小笠原諸島 父島・母島6・7日間 65,000円~134,000円
ツアー詳細・予約はこちら>>

世界遺産 小笠原諸島特集はこちら>>

いかがでしたか?

ボニンブルーと大自然を求めて、この夏は小笠原で感動体験してみませんか?