もうひとつの沖縄にひとめぼれ!感動に酔いしれる沖縄離島が面白い!

沖縄本島の、さらに南にある楽園。八重山の島々はとっても個性豊か!
今回は宮古島・石垣島・西表(いりおもて)島の3島の見どころをピックアップします。

まずは石垣島

【石垣島・川平湾(かびらわん)】

沖縄離島・石垣島 川平湾(かびらわん)ミシュラン観光ガイドブックで三ツ星を獲得したことでも有名な川平湾。透明な海がとっても綺麗ですね。
ここではグラスボードがおすすめです。クマノミなどの可愛らしいお魚や、たくさんのサンゴを見ることができます。
また、川平湾公園展望台からは川平湾が一望できます。
日差しや時間帯によって、七色に変化すると言われる海と空のコントラストを写真におさめるベストスポットです。

【浜島】

沖縄離島・浜島石垣島から船で約30分。
潮の満ち引きで現れたり隠れたりすることから「幻の島」と呼ばれています。
三日月形をした白い砂浜はの無人島は、360度遮るものがなく、青のグラデーションが美しい海が360度広がっています。ぜひ「幻の島」に上陸してみてくださいね。

【離島巡り】

沖縄・離島めぐり石垣島は八重山の島々への玄関口。
石垣港から個性豊かな八重山諸島の島々へ渡ってみましょう。
竹富島では水牛車に乗って巡るのがおすすめ!水牛車の中では、三線での民謡プレゼントも!
のどかで、のんびり。なんだか島時間が心地いいですね。

石垣島 オススメのアクティビティ

石垣島では大人気のマーメイドシュノーケル体験など、たくさんのアクティビティが楽しめます♪
石垣島アクティビティ特集はこちら>>

沖縄離島・石垣島 おすすめアクティビティ マーメイドシュノーケル体験

次は宮古島

【宮古島・伊良部大橋】

沖縄離島・・宮古島 伊良部大橋美しく透き通った海を大パノラマで楽しめる『伊良部大橋』。
全長3,540mの無料で渡れる日本一長い橋は、宮古島と伊良部島を結んでいます。「宮古ブルー」に囲まれて潮風か感じながらのドライブは最高!

【宮古島・与那覇前浜ビーチ】

沖縄離島・・宮古島 与那覇前浜ビーチ白い砂浜が約7kmも続く美しい海岸。
パウダーサンドのビーチは東洋一の美しさとうたわれます。朝と夕方は比較的人も少なく、美しい砂浜を一人占めできますよ♪
遠くに見える、青い海に浮かように見える橋は、宮古島と来間島を結ぶ来間橋。
宮古島空港からも近いので最初の目的地にしてみては?

【宮古島・東平安名崎】

沖縄離島・・宮古島 東平安名崎島の東部に細長く突き出た岬で、宮古島を代表する景勝地。
碧の海に突き出した約2kmの美しい岬です。その雄大な姿は日本百景のひとつに数えられています。
先端の灯台からは絶景が望めるので是非行ってみて下さい。

宮古島 オススメのアクティビティ

宮古島ではウミガメと一緒に泳げるシュノーケリグ体験など、たくさんのアクティビティが楽しめます♪
宮古島アクティビティ特集はこちら>>

沖縄離島・宮古島 おすすめアクティビティ ウミガメと一緒に泳げるシュノーケリグ体験

最後は西表(いりおもて)島

【西表島・ピナイサーラの滝】

沖縄離島・・西表島 ピナイサーラの滝マングローブが生い茂るジャングルをカヌーで抜け、山を登って目指すのはピナイサーラの滝。
ピナイ=ひげ、サーラ=~のような、という意味で「白いひげを生やした水の神が座する」といわれる聖地は、沖縄県内最大の落差を誇る滝です。
手つかずの自然に囲まれて、マイナスイオンを感じることができる場所です。
ここに辿りつくまでは体力も必要ですが、目の前に広がる神秘的な光景に本当に感動します。

【バラス島】

沖縄離島・・バラス島西表島から船で10分~15分で到着できるサンゴだけで出来た奇跡の島。
日本の地図にも載っていないエメラルドブルーの海の海に浮かぶ無人島です。
ここでは、シュノーケルが断然おすすめです。どこまでも透き通った海の中では、カラフルな熱帯魚とサンゴの共演が楽しませてくれますよ。

【西表島・ナーラの滝】

沖縄離島・・西表島 ナーラの滝神秘的なオーラが漂うナーラの滝は西表島最大級の滝。
カヌーとトレッキングで目指せば、探検心に火がつくこと間違いなし!
マイナスイオンに溢れた大自然の生命力が感じられる場所ですよ。

西表島 オススメのアクティビティ

西表島ではマングローブ林をゆったりクルージングするSUP体験など、たくさんのアクティビティが楽しめます♪
西表島アクティビティ特集はこちら>>

沖縄離島・西表島 おすすめアクティビティ マングローブ林をゆったりクルージングするSUP体験

沖縄離島特集 ~もうひとつの沖縄~
関東発着はこちら>>
関西発着はこちら>>

国内航空券検索はこちら>>

いかがでしたか?

まだまだ紹介しきれない魅力的なスポットが点在しています。
まだ出会ったことのないもうひとつの沖縄へ、今年はぜひ出会いに行ってみせんか?