この“春”に行きたい!世界の絶景10選 春だからこそ見られる特別な絶景、集めました。

5位 シチリア (3)
少しずつ春の足音が近づいてきている今日この頃。
本日は、H.I.S.SNSファンの皆さまに聞いた「【海外編】この春に行きたい!世界の春の絶景ランキング」の結果をもとに、春だからこそ見られる絶景をご紹介します。この時期しか見られない特別な景色を見に行きませんか?

さっそくランキングをチェック!

1位 スイス
【1位:スイス 列車から見る山と花】

1位は、スイスの列車から見る景色でした!写真を見るだけで、春のさわやかな風が吹きそうですね!
スイスを観光する上では外せない鉄道。その車窓から見る雄大な山々と可憐な花は、まさに絶景です。西洋タンポポや、5花弁の黄色い花キンポウゲ、ピンクのアルペンローゼ(ツツジ)や、白いエーデルワイスなど、流れ行く大自然のパノラマを、ゆったりと楽しめるところが鉄道の旅の醍醐味です。

 

Sacha-Fehlmann
(c)Sacha Fehlmann

なお、スイスでは標高によって花の見頃が変わります。グリンデルワルト周辺では5月中旬に見頃を迎え、高山植物は6月上旬以降が見頃です。ツェルマット周辺では6月下旬~8月上旬まで楽しむ事ができます。

【おすすめのシーズン】5月~8月上旬
【お客様の声】真っ青な空に山々と花が本当に綺麗!

 

2位 キューケンホフ
【2位:オランダ キューケンホフ公園】

2位は、春がベストシーズンのオランダです!春のみの期間限定(2016年は3月24日~5月16日)で開園する世界最大級のフラワーガーデン、キューケンホフ公園は春のオランダ観光でも必見のスポットで、「世界一美しい春の庭園」と呼ばれています。

 

2位 キューケンホフ3

32ヘクタールの広大な敷地には、チューリップをはじめ、ヒヤシンス、スイセンなど春の花が咲き乱れ、その美しさは見るものを魅了します。開園期間中、花の種類によって開花時期をずらしているので、園内のいたるところで、満開の花々を鑑賞することができます。

【おすすめのシーズン】4月~5月上旬
【お客様の声】期間限定の貴重な光景!いつか絶対行ってみたいです!

 

3位フィヨルド
【3位:ノルウェー フィヨルド】

3位は、北欧・ノルウェーのフィヨルドの壮大な自然と雪解けの景色です。
ノルウェー西海岸には、複雑に入り組んだ海岸線が続きます。これがフィヨルドです。山々の頂には雪が残り、迫りくる断崖を進むような景観はクルーズならではの楽しみ方。全長204km、最も深いところで1,308mと世界最長、最深のフィヨルドが「ソグネフィヨルド」です。

 

写真提供:スカンジナビア政府観光局
写真提供:スカンジナビア政府観光局

冬も凍ることはなくクルーズは1年中運行していますが、冬は滝が凍り、山々も雪をかぶり白くて寒々しい景色が広がります。ベストシーズンは夏の6~8月とされますが、観光客で混みあう夏を避けて、青い空とフレッシュな緑、咲き始めた花々を楽しめる春がお勧めです。

【おすすめのシーズン】3月~5月
【お客様の声】春は清々しい雰囲気で、雪も残っていたり、夏とは違う妖精が住んでいそうな景色が、綺麗という言葉ではすまされないぐらいとても美しい。壮大な自然と山々に雪解けととても感動します。

 

4位 ポジターノ
【4位:イタリア ポジターノ】

イタリア・アマルフィ海岸沿いの町の中でも、最も人気なのがこのポジターノ。高級リゾート地だけあって、街並みは美しく、世界中から観光客が訪れます。そんなポジターノの街を一層引き立てるのが鮮やかなピンク色の花を咲かせるブーゲンビリアです。

 

4位 ポジターノ2青い海と青い空とのコントラストが美しく、華やかな雰囲気を演出します。ブーゲンビリアのほか、藤の花も美しいという声がありました。

【おすすめのシーズン】5月~6月(ブーゲンビリアは5月頃から咲き始めます)
【お客様の声】壁をつたうブーゲンビリアがとっても可愛らしかったです。

 

5位 シチリアシチリア②(C)gnuckx
【5位:イタリア シチリア】

野原一面に花が咲き乱れるシチリアは、イタリア半島の西南に位置する地中海に浮かぶ島。レモンやオリーブ、オレンジなど豊かな作物のほか、地中海でとれる新鮮な魚介類を楽しむ事ができます。映画にも度々登場するリゾート地です。

 

ミモザ4大そんなシチリアを黄色に染めるミモザは、2月頃から咲き始めます。春の訪れが早い南イタリアならではですね。イタリアでは3/8は男性が女性にミモザを送る日ということで、この時期になると街の花屋さんもミモザ一色になるようです。

【おすすめのシーズン】2月~4月
【お客様の声】車窓から見る景色が、ミモザの花が満開でステキ!

【6位:カナダ】レイク・ルイーズの透き通った湖面(アルバータ州) カナディアンロッキーの宝石と讃えられる湖レイク・クルイーズは、水面の標高は1536mに位置します。冬には完全に凍結してしまう湖は、4月になると徐々に氷が溶け始め、6月に入ると全て溶けきり、美しい湖を楽しむ事ができます。7月・8月の真夏の湖は少し白く濁りエメラルドグリーン色にみえますが、溶けてすぐの湖の方が、濁りがなく透き通った湖面を楽しむ事ができます。波がなく、周りの山々が湖面に写り込む様子を楽しむなら、早朝か夕暮れ時がチャンスです。春になると可愛らしい花々が咲き、そんな絶景を引き立てます。 【お勧めのシーズン】5月下旬~6月下旬
【6位:カナダ レイク・ルイーズ】
カナディアンロッキーの宝石と讃えられる湖レイク・クルイーズは、冬には完全に凍結してしまいますが、4月になると徐々に氷が溶け始めます。6月に入ると氷は全て溶けきり、美しい湖を楽しむ事ができます。7月・8月の真夏の湖は少し白く濁りエメラルドグリーン色にみえますが、溶けてすぐの湖は、濁りがなく透き通った湖面を楽しむ事ができます。波がなく、周りの山々が湖面に写り込む様子を楽しむなら、早朝か夕暮れ時がチャンス。春になると可愛らしい花々が咲き、そんな絶景を引き立てます。
【おすすめのシーズン】5月下旬~6月下旬
【7位:フランス】モネの家に咲く春の花(ジベルニー) 画家モネが晩年を過ごした家が、パリ郊外のジベルニーにあります。今もなお、モネの家がそのまま残されており、当時使用していた家具などが保存されています。4月~10月末の期間だけ一般公開されてているこの家の庭には美しい花々が咲き誇ります。名作「睡蓮」のモデルとなった風景も見ることができます。 【お勧めのシーズン】4月~6月末(春の花が咲き乱れます。睡蓮は7月中旬~8月上旬開花。)
【7位:フランス モネの家】
画家モネが晩年を過ごした家が、パリ郊外のジベルニーにあります。今もなお、モネの家がそのまま残されており、当時使用していた家具などが保存されています。4月~10月末の期間だけ一般公開されてているこの家の庭には美しい花々が咲き誇ります。名作「睡蓮」のモデルとなった風景も見ることができます。
【おすすめのシーズン】4月~6月末(春の花が咲き乱れます。睡蓮は7月中旬~8月上旬開花。)
【8位:カナダ】フレーザーバレーのチューリップ(ブリティッシュコロンビア) カナダのバンクーバーから車で約1時間半の距離にあるブリティッシュコロンビア州のチューリップ畑。毎年4月にチューリップフェスティバルが開催され、2016年の今年は4月9日開催です。チューリップといえばオランダが本場ですが、この地域はオランダからの移民が多いようです。チューリップ畑の後ろには、カナダならではの山々がそびえ、まさに絶景です。 フレーザーバレーにはワイナリーが点在しており、近年では数々の賞を受賞しています。また、この地域はフルーツが収穫できることからフルーツワインも人気です。 【お勧めのシーズン】4月
【8位:カナダ フレーザーバレー】
カナダのバンクーバーから車で約1時間半の距離にある、ブリティッシュコロンビア州のチューリップ畑。毎年4月にチューリップフェスティバルが開催され、今年は4月9日開催です。この地域はチューリップの本場・オランダからの移民が多いようです。チューリップ畑の後ろには、カナダならではの山々がそびえ、まさに絶景です。また、フレーザーバレーにはワイナリーが点在しており、近年では数々の賞を受賞しています。この地域はフルーツが収穫できることからフルーツワインも人気です。
【おすすめのシーズン】4月
【9位:オーストリア】ミラベル庭園の春の花(ザルツブルク) バロック建築家フィッシャー・フォン・エアララッハにより設計された庭園。ドイツ語で「ミラベル(美しい眺め)」という名の通り、一年中、草花が咲く美しい庭園ですが、中でもやはり春の花々の美しさは格別です。「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となった美しい庭園には、色とりどりの花が咲き乱れます。 【お勧めのシーズン】5月~6月
【9位:オーストリア ミラベル庭園】
バロック建築家フィッシャー・フォン・エアララッハにより設計されたミラベル庭園。ドイツ語で「ミラベル(美しい眺め)」という名の通り、一年中、草花が咲く美しい庭園ですが、中でもやはり春の花々の美しさは格別です。「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となった美しい庭園には、色とりどりの花が咲き乱れます。
【おすすめのシーズン】5月~6月
【10位:ドイツ】ノルドパークのしだれ柳(デュッセルドルフ) 「北の公園」を意味する名の通り、デュッセルドルフの北に位置する公園に植えられたしだれ柳が、暖かくなると芽吹き黄色に色づくことで、春の訪れを教えてくれます。地面に向かって緩やかな曲線を描く枝が、他の樹木よりも先に春の表情を見せます。柔らかい黄色は、温かみがあって心までほっこりさせてくれる景色です。 【お勧めのシーズン】2月中旬~4月
【10位:ドイツ ノルドパーク】
「北の公園」を意味する名の通り、デュッセルドルフの北に位置する公園「ノルドパーク」に植えられたしだれ柳が、暖かくなると芽吹き黄色に色づくことで、春の訪れを教えてくれます。地面に向かって緩やかな曲線を描く枝が、他の樹木よりも先に春の表情を見せます。柔らかい黄色は、温かみがあって心までほっこりさせてくれる景色です。
【おすすめのシーズン】2月中旬~4月


 

いかがでしたか?

P6-2

春はとってもわくわくする季節。この時期ならではの絶景を見て、新しいスタートを切りたいですね!

【海外編】この春に行きたい!世界の春の絶景ランキング>>

1位のスイスの記事もぜひご覧ください!
「世界遺産の絶景を楽しむ、スイス・鉄道の旅」>>