かわいい女子旅におすすめ!世界のカラフルスポット5選 115都市を旅したトラベルフォトライター「たじはる」さんが厳選しました!

旅する女子のためのInstagramアカウント「タビジョ」には、Happyな女子旅の写真が続々集まっています!

【@aym210さん メキシコ・グアナファト】 これとてもお気に入り写真! カラフルな街、グアナファト
@aym210さん メキシコ・グアナファト】
これとてもお気に入り写真!
カラフルな街、グアナファト
【@xxcaoxxさん ポルトガル・コスタノバ】 ストライプの街に着ていくのはやっぱりストライプ!!
@xxcaoxxさん ポルトガル・コスタノバ】
ストライプの街に着ていくのはやっぱりストライプ!!
【@mariyaaaas2さん 沖縄・石垣島】 今日の石垣島は 海人の祭典ハーリーの日。 ハーリーの鉦が夏のはじまりの合図。
@mariyaaaas2さん 沖縄・石垣島】
今日の石垣島は
海人の祭典ハーリーの日。
ハーリーの鉦が夏のはじまりの合図。
【@tomorip228さん アメリカ・ロサンゼルス】 無事日本に帰ってきました NYも好きやけどCAの この感じも好きやな〜!さ〜て次はどこに行こうかな?
@tomorip228さん アメリカ・ロサンゼルス】
無事日本に帰ってきました
NYも好きやけどCAの
この感じも好きやな〜!さ〜て次はどこに行こうかな?

旅する女子のためのInstagramアカウント「タビジョ」はこちら>>http://bit.ly/23jVjRk

 

女子旅中にテンションが上がるのは、可愛いフォトスポットを見つけたとき!
カラフルで可愛い場所で撮った写真は、思い出に残りますよね。
タビジョたちをもっとHappyにするカラフルなスポットを、トラベルフォトライター田島知華(たじはる)さんが教えてくれました!

移動距離、地球3周分?!そんな旅の中でみつけたかわいい場所って?!

たじはるさんは、学生時代に“休学せずに旅をする女子大生バックパッカー”として世界中を旅して回り、カラフルな風景を中心にまとめた「旅ガール、地球3周分のときめき」を出版されました。そんなたじはるさんおすすめのカラフルでかわいいスポットはこちら!

1.【ポルトガル/アゲダ】

DSC_6653

たじはるさんのコメント:「ポルトガルの“アゲダ”という街で見られる傘の祭典、通称“アンブレラ・スカイ・プロジェクト”。毎年7〜9月にアゲダグエダという芸術祭が行われ、この時期は小さなこの街にたくさんの人々が集まります。ここは私にとって『いつかこの傘の下で自分の傘を持って写真を撮ってみたい!』という憧れのスポットで、空に広がるカラフルな傘の下を歩いたのは一生忘れられない思い出になりました。」

 

2.【チリ/バルパライソ】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たじはるさんのコメント:「チリのサンティアゴから北西に120km、車で約1時間半の場所に位置するバルパライソ。ここは縦長のチリのちょうど中間辺りの海岸沿いにある港町です。数々の不思議なアートが描かれるこの街は、別名『」青空美術館』と称されています。数あるアートの中でも心ときめいたのがピアノの階段♪小さい頃からピアノを習っていた私にとってはワクワクしてしまうアートでした!」

 

3.【フランス/リクヴィル】

DSC_6179

たじはるさんのコメント:「フランス・アルザス地方にあるのは最も美しい村のひとつと言われているリクヴィル。高級ワインの材料となるブドウ畑に囲まれ、木組みの建物と色とりどりの花が印象的な街でした。女子に人気のフランス菓子といえばマカロンですが、日本でもよく見られる王冠の形をしている“クグロフ”というケーキはこのアルザス地方で生まれているため、女子旅に欠かせないスイーツめぐりも堪能できますよ!」

 

4.【マレーシア/マラッカ】

IMG_6532

たじはるさんのコメント:「マレーシアの古都・マラッカは世界遺産にも登録されている街なのですが、歴史ある街並みを楽しめると同時に、アートも盛んな場所でもあります。マラッカ川沿いを始め、街の建物の壁面には見ているだけで心がワクワクしてくるようなカラフルな絵が描かれていて、場所によってはマラッカの歴史をアートで表しているものも。」

 

5.【南アフリカ/ケープタウン】

IMG_1715

たじはるさんのコメント:「南アフリカの中でも綺麗な街並みが続く、港町ケープタウンにあるボ・カープ地区という場所は女子にはたまらないカラフルな街。実は、もともとは土やレンガでできた地味な赤茶系の家が建ち並んでいたのだとか。まるでおもちゃの中の世界に入り込んでしまったかのようなこの街は、良い意味で私の中の“アフリカ”という場所のイメージを覆してくれました!」

 

女子旅だからこそオシャレに!ポイントは土地に合ったファッション

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

せっかくかわいい風景に出会ったなら、その魅力を写真に残したいですよね。たじはるさん流・かわいい女子旅写真の撮り方を教えてもらいました!

たじはるさんのコメント:「私は旅先によってファッションを変えています。ヨーロッパならハットやストール、トレンチコートなどでオシャレな街並みに合う服装、中東などはエスニックな民族衣装などを着ることでより雰囲気のある写真を撮ることができますよ!また、土地に合った服装はウキウキする気持ちを高め、素敵な場所へと導いてくれるような気がするので旅のモチベーションも上がります♪」

かわいい女子旅写真を撮って、Instagramにアップしよう♪ハッシュタグ「#タビジョ」をお忘れなく!
Instagram 「タビジョ」アカウントはこちら>>https://www.instagram.com/tabi_jyo/

 

いかがでしたか?

アゲダ2(たじはるさん)

女子旅をはじめ、バックパックで南米を周遊する男前な旅、週末だけでおいしいものを食べまくる弾丸旅行など、様々な旅を経験されているたじはるさんならではのおすすめスポット5選でした!

あなたも、ぜひ旅先に合わせたファッションでHappyな女子旅を♪

 

6月25日(土)H.I.S.旅と本と珈琲とOmotesando店にてH.I.S.×田島知華(たじはる)さんのイベント「女一人、地球をまわり旅を仕事に。~英語・カメラ初心者が旅本の著者になるまで~」が開催されます。
旅でのエピソードはもちろん、素敵な写真の撮り方、おすすめスポット、旅を仕事にする方法など、自身の経験を踏まえて語りつくされる旅の魅力を、ぜひ聞きにいってみてはいかがでしょうか?
詳しくはこちら>>http://peatix.com/event/169052

 

たじはるさんプロフィール

田島知華(たじはる) -Haruka Tajima-

1991年福岡県生まれ。東京都在住。
トラベルフォトライター、フリーランサー。
著書『旅ガール、地球3周分のときめき』(廣済堂出版)
かつてはバンドボーカルとして都内で月に数本ライブを行い、 音楽に夢中で旅行とは無縁だったが、 大学で建築を学んでいたこと等がきっかけで19歳のときに初めての海外一人旅へ。

その後、 旅の魅力に惹かれ1年ごとに約10ヶ国ずつ周るほどになり、 学生時代は“休学せずに旅をする女子大生バックパッカー” としてトークイベント等の活動をしていた。

現在、約40ヵ国115都市へ渡航し、 旅を仕事にすることを確立。 トラベルフォトライターとして数々の媒体でライターとして活動するほか全国でトークイベントや写真展を行い、 話題の旅ガールとしてメディア等でも多く取り上げられる。

OFFICIAL WEBSITE→http://tajiharu.main.jp/