大人が迷子になるには、最高の国じゃないか -後編- 一度旅をすると、抜け出せないモロッコの魅力

DSC_1386

モロッコには地球の全ての風景がある、と言ったら、信じてしまいそう。

モロッコには、世界遺産が数多く残されています。
そして、海もあり、砂漠もあります。オアシスだって、4,000メートル級の雪山だってあります。
本日は、さらなるモロッコの魅力に迫ります。

モロッコ特集 前編はこちら>>http://blog.like-world.com/archives/839

 

この街がサハラの入り口 メルズーガ

メルズーガは、アフリカ大陸北部にある、いわずと知れた大砂漠・サハラ砂漠の玄関口のオアシス。
サハラ砂漠は、南極に次いで世界第2位の大きさの砂漠です。

_22D0149

なーんにもない。モロッコの砂漠はオレンジ色。ここからラクダに揺られて、この地で何千年も暮らす、ベルベル人のテントへ向かいます。

_22D0165

ラクダの背中は意外と高いんです。
「ラクダに乗って、砂漠を歩く。」幼いころに思い描いた光景が現実になるとき。

_22D9988

テントとはいえ、女性でも心地よく過ごせる快適なものです。
雲や月などの天候条件によっては、真っ暗な中に降るような満天の星空を楽しむことが出来ます。

_22D0017

北アフリカの先住民ベルベル人は、モロッコ人口の約30%を占める、誇り高き民族です。
自由で明るい性格の人が多く、普段は陽気ですが、宗教・伝統には厳格だそうです。彫りが深く美男美女が多いんだとか。

 

絵になりすぎる村 アイト・ベン・ハッドゥ

アイト・ベン・ハッドゥは、モロッコの都市ワルザザード近郊のとても小さい集落。
こちらもサハラの入り口として1,000人以上が暮らしてきましたが、今では数家族のみが残ります。

 

_22D0572

まるでお城のような村は、とても絵になり、世界遺産にも登録されています。
ワルザザートの近郊には、この「アイト・ベン・ハッドゥ」のような城塞都市がいくつもありますが、保存状態はこの村が一番良いようです。

_22D0586

独特の存在感から、数々の映画の撮影が行われました。廃墟ではなく、今も人が住む村なのです。

_22D0584

四季があるモロッコならでは。冬は暖かく、夏は涼しい、粘土と日干しレンガで作られた邸宅をカスバといいます。

© Pixel & Création
© Pixel & Création

農業大国、モロッコ。モロッコでは、美味しい野菜や果物をたっぷり食べられます。
スパイスは決して辛すぎず、日本から来る旅人の胃袋を満たしてくれます。

 

涼風に吹かれに行く港町 エッサウィラ

エッサウィラは、マラケシュ西の大西洋岸の港湾都市。歴史は古く、2001年に旧市街が世界遺産に登録されました。
アフリカ大陸だとは信じられないくらい、気持ちいい風が吹く港町です。

_22D1619

美しいビーチでは、白人の観光客も、イスラムの人々も、ともに楽しそうに泳いでいます。

_22D1662

にぎやかで暑くて赤いマラケシュから車で3時間。静かで涼しくて白いエッサウィラに着きます。

_22D1753

都会に比べて少し物価も安く、買い物も楽しめます。古くから芸術家に愛されたこの街には、ギャラリーやアートな作品もたくさんあります。モロッコの人は、カラフルなものに魅力を感じるようです。

_22D1971

新鮮な海産物が美味しい、漁師の街でもあります。

(C)kasto - Fotolia.comFotolia_65486960_L
(C)kasto – Fotolia.comFotolia_65486960_L

寒流がつれてくる涼やかな風が、いつまでも心地よく感じます。街の人もどことなくのんびりしていて、ただぼんやり海を眺めている人がたくさんいます。それもこの街ならではの風景なのでしょうか。

 

いかがでしたか?
モロッコは日本同様に四季があり、暑さを凌げる秋から春がまさにベストシーズンです。
訪れる地域によって気候は様々です。灼熱の砂漠でも朝晩は冷え込みますし、冬季の山間部には降雪があることも。
四季を通じて1年中、様々な旅が楽しめるのが、モロッコの魅力です。

モロッコに行きたくなったらこちら>>http://www.his-j.com/dst/morocco.htm?snid=lw_00_001096_i