ガーデンシティ・メルボルンで過ごす チャーミングな大人の休日を満喫できる街

!Job: 25894, Layout: 0!

オーストラリア・メルボルン。トラムが似合う英国風の街。

メルボルンは、緑豊かなガーデンシティで、19世紀の面影を残すクラシカルな建物と現代的な高層ビルが調和した都市です。市内にはトラム(路面電車)が行き交い、イギリスの雰囲気が漂うお洒落な街です。

南半球にあるメルボルンの季節は、これから夏を迎えます。緑豊かなこの街が、さらに美しくなる季節です。

_AAA7279

メルボルンのライフスタイル

春から夏にかけてがベストシーズンのメルボルン。美しい緑の季節と、パリよりもカフェが多いと言われている欧風の街並みが、旅人をあたたかく迎え入れてくれます。「世界一暮らしやすい街」に3年連続選ばれたこともあるこの街のライフスタイルを、実際に感じてみてください。

自分好みのカフェを探す。そんな冒険を楽しむ時間_AAA2998

メルボルンは、カフェ天国。このカフェ文化を知らずして、この街は語れません。

_AAA7460街中のカフェを巡って、自分なりの飲み方を見つけるのが、メルボルン流。

_AAA6883小さな路地に迷い込み、お気に入りのカフェを探す。そんな冒険も、「旅」と呼べるのかもしれません。

本格ジャズに酔いしれる_AAA8003

比較的治安のいいメルボルンでは、ナイトシーンにも多くの楽しみが見出せます。本格的なジャズのリズムに身を委ねるのも良いですね。

_AAA7856ジャズクラブに入ったら、地元のお客さんたちに合わせて、お店の空気に溶け込んでしまうのが楽しむコツです。

_AAA7860音に合わせて身体を揺らしたり、音楽や年代に合わせたお酒をオーダーしてみたり。曲目やお店によっては、みんなに合わせて「yeah!」なんて掛け声を入れるのもOK。せっかくの旅だから、気後れせずにトライするのもありですよ!

珠玉のワイナリーを訪ねてヤラバレー ワイン

メルボルン郊外にある、南半球でも有数のワインの産地・ヤラバレー。美しい自然を感じながら、思いのままにワイナリーを巡りましょう。

visionsofvictoria1238072-833近年、ヨーロッパのワインを凌駕するほど高い品質を誇る、ヤラバレーのワイン。

写真提供:オーストラリア政府観光局
写真提供:オーストラリア政府観光局

ワインを愛する作り手たちのヴィンヤード(ぶどう農園)が連なる景色もお楽しみください。

絶景ドライブに出かける_AAA6539

メルボルンから車を走らせると、心を揺さぶるドラマチックな風景に出会えます。

068603-575地球で一番美しいとされる湾岸道路、「グレートオーシャンロード」。世界中の自動車会社が撮影に訪れるのもうなずけます。

dreamstime_xxl_18873310_12_Apostles_MEL[1]一気に車を飛ばしてしまうのはもったいないくらい、グレートオーシャンロードの見どころはいっぱいです。時々車を停め、雄大な自然を感じてみてください。ドライブの時間は、ぜひたっぷりと取って!

アニマルたちに会いに行く_AAA5721

オーストラリアに来たならば、やはり彼らに会いに行きたいところ。コアラ・カンガルーはもちろんのこと、タスマニアデビルやウォンバット・・・なるべく自然に近い状態で飼育されている彼らに会いに行きましょう!

_AAA5807タスマニアデビル。走るときは後ろ足をそろえて出し、前足が長いことも相まって、ユーモラスな動きになるそうです。

ペンギン②メルボルンから車で2時間のフィリップ島では、世界最小の「リトルペンギン」に出会えます。体長わずか30cmほどのペンギンたちが、夕暮れ時に列をつくり、ヨチヨチと巣に戻る姿は、まさに「ペンギン・パレード」!このペンギンたち、とても怖がりなので、静かに見守ってあげてくださいね。

お花のある生活を。_AAA8501

春夏のベストシーズンなら、街を歩くだけで楽しい気分になれます。ガーデン・シティのメルボルンは、街角のお花屋さんもとってもいい雰囲気です。

_AAA4483旅の途中でも、気に入ったお花があれば、1輪買ってみるのはいかがでしょうか?ホテルの部屋に飾ってもいいけれど、隣にいるパートナーに、感謝の気持ちを伝えるのも素敵です。

 

_AAA8558

いかがでしたか?
住んでいて暮らしやすい街は、旅をしていても心地よい街であることが多いです。
暮らすように旅をする。メルボルンで、チャーミングな大人の休日をお過ごしください。

オーストラリア旅行にいきたくなったらこちらをチェック!>>

オーストラリア旅行のご参考に・・・ブリスベンの投稿もご覧くださいませ!>>