ウズベキスタンって知ってますか?
シルクロードの宝石と称される国の魅力

ウズベキスタンって知ってますか? シルクロードの宝石と称される国の魅力

最近、映画・テレビで話題の国、ウズベキスタン。

とはいえ、
ウズベキスタン・・・・?それってどこにあるの・・・・?
という方が多いのではないでしょうか。(分かります、馴染みないですもんね!)
ウズベキスタンって実はポテンシャルがとても高い国なんです!世界遺産もあって見所満載、日本人の口に合うおいしい料理!そんな魅力あふれる国ウズベキスタンをもっと知ってほしい!!
ということで今回はウズベキスタンについてご紹介します。

ウズベキスタンってどんな国?

ウズベキスタンは中央アジアに位置し、旧ソビエト連邦の共和国です。中国の西側、ロシアの南側、イランの北側、カスピ海の東側にあり、シルクロードのほぼ中間地に位置しています。
東西の文化と悠久の歴史が交錯したウズベキスタン。14世紀に中央アジアから西アジアを支配したイスラム教国家「ティムール帝国」の中心地でイスラム文化を開花させました。悠久の歴史を持ち、ドーム型の天井や美しい幾何学文様で彩られたイスラム様式の華麗な建造物が当時の姿をとどめ、「シルクロードのオアシス」と呼ばれ多くの旅人を惹きつけてやまない美しい国です。

“青の都”サマルカンド

ウズベキスタンで一番人気の観光地であり、ハイライトでもあるサマルカンド。
「青の都」「イスラム世界の宝石」「東方の真珠」など云われ、紀元前4世紀にアレクサンダー大王がこの街の美しさを称賛。
12世紀頃にジンギスカンのモンゴル軍の襲来で滅ぼされましたが14世紀にティムール大王によってよみがえりました。
立ち並ぶ壮大なイスラム建築群は息を飲む美しさです。

中でもサマルカンドの象徴は、「砂の場所」という意味を持つレギスタン広場です。ウルグベク・マドラサ、シェルドル・マドラサ、ティリャカリ・マドラサ、3つの神学校がコの字に建ち並びます。イスラム教では偶像崇拝が禁じられているため、人や動物の姿が描かれることはタブーなのですが、シェルドル・マドラサには人や動物が描かれており珍しいイスラム建築の例となっています。他にもティムールの眠るグリ・アミール廟、霊廟の並ぶシャーヒズィンダ廟など、いずれも青いタイルが多用されていることが特徴です。

“高貴なる街”ブハラ

2500年以上もの歴史を持ち、かつては300を超えるモスクがそびえていた宗教の都ブハラ。サンスクリット語で「修道院」の意味を持ち、「高貴なる街」と呼ばれた古代都市。古くから学問、交易の中心地として栄え、イスラム全体の文化的中心地でした。
ブハラ・ハンの居城であったアルク城や、町の中心にあるラビハウズのまわりにはチャイハナが並び、オアシス都市らしい風景が広がります。かつては商人の町でもあったブハラ。丸屋根がユニークなバザール・タキで「コウノトリのハサミ」など伝統の技が光る一品を探してみては
ブハラ

“博物館都市”ヒヴァ

二重の城壁に囲まれた砂漠のオアシス。7世紀には「ホラズム・シャー朝」の首都、イスラムの聖都として栄えました。
城壁の内側に守られた内城「イチャンカラ」には日干しレンガの町並みが広がり、半分までしかつくられなかったものの繊細なタイル細工が施されているカルタミナル、ハーレムも残るハンが暮らしたタシュ・ハウリ宮殿、200本以上の木の柱に支えられたジュマモスクなど、歴史ある建築物が街ごと残ってます。
まるで中世にタイムスリップしたかのような街並みで歴史に思いを馳せてみては?
ヒヴァ

“中央アジアの首都”タシケント

ウズベキスタンの首都のタシケントは、中央アジア最大の近代都市。中心街はソ連時代の都市計画に基づいた整然とした街並みで、緑豊かな街です。
市内のバザールなどへ足を伸ばせば、活気あふれる人々の生活に触れることができます。中央アジアで最初にできた地下鉄の構内はまるで美術館のような美しい装飾が施されています。写真撮影が禁止されていた場所ですが、つい最近解除されました!
多くの博物館や美術館もあり、旧日本兵の抑留者が建設に携わったナヴォイ・オペラ・バレエ劇場や日本人墓地なども見逃せません。

タシケント タシケント

日本人の口に合いやすいウズベキスタン料理

ウズベキスタン料理は日本人の口に合う優しい味わいの料理です。文化の交差点シルクロード都市らしい多彩な料理で、ピラフのようなウズベキスタン風炊き込みご飯の「プロフ」・トマトベースのうどんのような「ラグマン」・ウズベキスタン風蒸し餃子「マントゥ」・肉の串焼き「シャシリク」、パイ生地で羊肉を包んだ「サムサ」など、美味しいと評判です。また、ウズベキスタン料理の食卓には必ずナンが出てきます。地域によって味が違うといわれ、中でもサマルカンドのナンは別格なんだとか。周遊する際は是非味の違いも楽しんでください。

ウズベキスタン料理 ウズベキスタン料理
ウズベキスタン料理 ウズベキスタン料理

親日家 ウズベキスタン

ウズベキスタンの人々はとても親日家。タシケントにある「ナヴォイ劇場」は第二次世界大戦後の日本人抑留者によって建築されました。1966年にタシケントを襲った大地震でも唯一崩れることがなく市民達の避難所としても機能したこともあり、真面目で仕事熱心な日本人たちとして縁故深く思ってくれています。
impresso(添乗員付き)のツアーならそんなウズベキスタン人との交流体験もできます。

いかがでしたか?
エキゾチックな街の魅力と美しい建築、シルクロードの宝石と称されるウズベキスタンにぜひ旅してみてください!

↓↓ウズベキスタンを訪れるおすすめツアーはこちら↓↓

【成田発着】●添乗員同行●出発日限定!往復直行チャーター便利用 ウズベキスタン 8日間
ツアー詳細・予約はこちら>>

【成田発着】●添乗員同行● ウズベキスタン 3都物語 5日間
ツアー詳細・予約はこちら>>

【成田発着】●添乗員同行●ウズベキスタン&ロシア8日間
ツアー詳細・予約はこちら>>