本場で食べたい!バンコクグルメ10選 タイに精通したファンに聞いた“絶品グルメ”とそのグルメが食べられる“レストラン”は?!

旅先での楽しみといえば「食事」は欠かせませんよね!海外旅行先の中でも「食」が楽しめることで人気のタイ。後引く辛さの中にも奥深いまろやかさがあり、野菜もふんだんに使われるヘルシーなタイ料理は、女性を中心に人気です。日本国内にも数多くのタイ料理専門店があり、多くの人々を魅了しています。

Facebookいいね!タイ・バンコクのフォロワーに「アナタだからこそ知っているオススメのバンコクグルメ」を募集したところ、ご参加頂いた方の約4分の1が20回以上タイを訪れた経験がある、もしくは住んでいたことがある方で、タイに精通しているからこそ知っているグルメ情報が集まりました。
その中からタイ好きのSNSフォロワーが決めた「本場で食べたいバンコクグルメ10選」を、おすすめのお店と共にご紹介します!

 

さっそくランキングをチェック!

1位:ソンブーンの「プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)」

ソンブーンのパッポンカリー

第1位に輝いたのは、このメニューの発案店といわれる有名レストラン、「ソンブーン」の「プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)」です。プーパッポンカリーとは「蟹のカレー炒め」のこと。ぶつ切りにした蟹をカレー味で炒め、卵、ココナッツミルクでふわふわに仕上げた一品で、2位以下を大きく引き離して多くのファンから支持されました。ちなみに蟹の殻を取って調理されたものは「ヌアプーパッポンカリー」といいます。 オススメのお店「ソンブーン」は、バンコク市内に何軒か展開しています。

【オススメ店】Somboon Seafood(ソンブーン)<サムヤーン店>
アクセス:地下鉄サムヤーン駅2番出口の目の前
住所:315 Chamchuri Square Building, Room 101-102-103 Ground fl., Phya Thai Rd.,Patumwan, Bangkok 10330

【お客様の声】
「バンコクに行った時に食べました!美味し過ぎて会話もせずひたすら食べてました!また食べたい一品です!」
「蟹のおいしさが詰まってそう。スパイシーだけど旨みもありそうで、是非食べてみたい!」

 

2位:ラーン・ガイトーン・プラトゥーナムの「カオマンガイ(茹で鶏肉ご飯)」

カオマンガイ_ガイトォーンプラトゥナム

「カオマンガイ」とは、茹でた鶏肉を、その煮汁で炊いたご飯の上にのせ、特製ソースをかけて食べる料理です。「カオ」はご飯、「マン」は油、「ガイ」は鶏肉を指します。さっぱりとした鶏肉はふんわりと柔らかく、ソースがよく絡まり、ご飯が進む一品です。 オススメのお店「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」は、店員さんがピンク色のポロシャツを着ていることから、別名「ピンクのカオマンガイ」とも呼ばれています。

【オススメ店】Raan Kaithong Pratunam(ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム)
アクセス:BTSのChit Lom(チットロム)駅から徒歩約15分
住所:New Petchburi Rd, Makkasan, Ratchathewi, Bangkok, 10400

【お客様の声】
「辛すぎず、旨味たっぷり!バンコクで食べに行ってきました!128円ほどで安くってビックリ!!持ち帰りにしたら、スープをナイロン袋に入れてくれました(笑)。」

3位:スダの「ガパオ(挽肉炒めのぶっかけご飯)」

ガパオライス

挽肉をナンプラーとオイスターソースと共に炒めた料理で、ご飯にかけて食べます。ガパオに目玉焼きがのったものを「ガパオムーカイダーオ」といいます。目玉焼きを一緒に食べることで、辛さが少しマイルドになります。 オススメのお店「スダ」は気取らない食堂といった雰囲気で、アソーク駅のすぐそばなので、気軽にタイ料理を楽しむ事ができます。

【オススメ店】SUDA(スダ)
アクセス:BTSのAsok(アソーク)駅から徒歩約1分
住所:6-6/1 Soi 14, Sukhumvit Rd., Bangkok 10110

【お客様の声】
「ガパオ大好き!!最近はお手軽なガパオ調味料も市販されているので、自宅でもガパオが食べられるようになって嬉しい!!でも、日本人向けに辛さ控えめなので、本場のガパオをヒーヒー言いながら食べたい!!」

 

4位:ニアイコールの「ソムタム(パパイヤサラダ)」

パパイヤのサラダ、ソムタム

ソムタムとはパパイヤサラダのこと。熟していない青いパパイヤを使っており、パパイヤのシャキシャキっとした食感が味わえます。ライムのすっぱさ、唐辛子の辛さ、塩のしょっぱさがうまくミックスしており、絶妙のバランスです。「ソム」はタイ語で「すっぱい」という意味、「タム」は「つく、叩く」という意味を表します。 オススメ店「ニアイコール」は、閑静な通りに面していて、アジアン雑貨店の2階がレストランになっています。レトロな洋館風の造りで、ゆっくりとした雰囲気の中、お食事を楽しむことができます。

【オススメ店】NEAR EQUAL(ニアイコール)
アクセス:BTSのPhrom Phong(プロンポン)駅またはThong Lo(トンロー)駅から徒歩約10分。Sukhumvit Soi 47を200m位入った右側。
住所:22/2 SUKHUMVIT SOI 47 SUKHUMVIT RD., KLONGTON-NUA WATTANA, BANGKOK 10110

【お客様の声】
「毎回山盛り食べてます。すり鉢でナッツや香辛料を混ぜてシャキシャキの青パパイヤと和えるとめちゃ美味しい~。」

 

パッタイ
5位:パック・ベーカリー&レストランの「パッタイ(焼きそば)」
タイで作られる焼きそば「パッタイ」。「パッ」は炒める、「タイ」は国名のタイです。辛い料理が多いタイですが、パッタイは全く辛くありません。米粉で出来た麺と、海老やにんにく、もやし、ピーナッツなどで作られます。 オススメのお店「パク・ベーカリー&レストラン」はカフェですが、タイ料理が美味しいと評判です。
【オススメ店】Pak Bakery(パック・ベーカリー&レストラン)
アクセス:BTSのAsok(アソーク)駅から徒歩約13分
住所:96/8-9 Soi Sukhumvit 23(Prasarnmit), Sukhumvit Rd., Klongtoey, Wattana, Bangkok 10110
6位:パップンファイデーン(空芯菜炒め) 「パップン」は空芯菜、「ファイデーン」は赤い炎を意味します。赤い炎の強火でササッと短時間で炒めるのがコツの料理です。その名の通り、中が空洞になっている空芯菜はシャキシャキした歯ごたえがあり、ニンニクが効いた味付けがやみ付きになります。 オススメ店「イムチャン」は写真付きの日本語メニューがあり、タイ語がしゃべれなくても安心!屋台の雰囲気を気軽に楽しめるお店です。 【オススメ店】IM CHAN(イムチャン) アクセス:BTSのPhrom Phong(プロンポン)駅下車すぐ
6位:イムチャンの「パップンファイデーン(空芯菜炒め)」
「パップン」は空芯菜、「ファイデーン」は赤い炎を意味します。赤い炎の強火でササッと短時間で炒めるのがコツです。空芯菜はシャキシャキした歯ごたえがあり、ニンニクが効いた味付けがやみ付きに。 オススメ店「イムチャン」は写真付きの日本語メニューがあり、タイ語がしゃべれなくても安心!屋台の雰囲気を気軽に楽しめます。
【オススメ店】IM CHAN(イムチャン)
アクセス:BTSのPhrom Phong(プロンポン)駅下車すぐ
住所:Sukhumvit 37 Alley, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110
7位:マンゴタンゴ(マンゴーのアイス&プリン添え) タイは南国フルーツが食べられる事でも有名です。中でも人気なのがマンゴー!マンゴーは一年を通じて楽しむことができます。オススメ店「マンゴ・タンゴ」の中でもイチオシなのが、店名でもあるマンゴタンゴというメニューです。新鮮なマンゴーと一緒にマンゴーアイス、ホイップクリームがのったマンゴープリンが添えられており、定番の一品です。安くて美味しいマンゴーを味わうことができます。 【オススメ店】Mango Tango(マンゴ・タンゴ)(サイアムスクエア店) アクセス:BTSのSiam(サイアム)駅2番出口から徒歩約2分
7位:マンゴ・タンゴの「マンゴタンゴ(マンゴーのアイス&プリン添え)」
南国フルーツの宝庫・タイの中でも人気なのがマンゴー!マンゴーは一年を通じて楽しむことができます。オススメ店「マンゴ・タンゴ」の中でもイチオシなのが、店名でもあるマンゴタンゴというメニューです。新鮮なマンゴーと一緒にマンゴーアイス、ホイップクリームがのったマンゴープリンが添えられている定番の一品です。安くて美味しいマンゴーを味わえます。
【オススメ店】Mango Tango(マンゴ・タンゴ)<サイアムスクエア店>
アクセス:BTSのSiam(サイアム)駅2番出口から徒歩約2分
住所:Siam Square Soi 7, Rama 1rd., Pathum Wan, Pathum Wan, Bangkok 10330
8位:トムヤムクン 日本でもおなじみのタイ料理「トムヤムクン」。「トム」は煮る、「ヤム」は混ぜる、「クン」は海老を指し、海老が主役の辛味と、レモングラスの酸味が入り混じったスープです。 オススメのお店は「ピーオー」という、トムヤムヌードル(トムヤムスープに麺が入った料理)のお店です。ローカルな町並みを歩く為、少し分かりづらい場所にありますが、食べにくる価値のある絶品トムヤムクンが楽しめます。海老の旨みが良く出ており、酸味が強く辛さ控えめのトムヤムクンは、爽やかさが口の中に広がります。 【オススメのお店】Pee Orr(ピーオー) アクセス:BTSのラチャテウィー駅から徒歩約5分
8位:ピーオーの「トムヤムクン」
日本でもおなじみのタイ料理「トムヤムクン」。「トム」は煮る、「ヤム」は混ぜる、「クン」は海老を指し、海老が主役の辛味と、レモングラスの酸味が入り混じったスープです。 オススメのお店は「ピーオー」という、トムヤムヌードル(トムヤムスープに麺が入った料理)のお店です。ローカルな町並みを歩く為、少し分かりづらい場所にありますが、この絶品トムヤムクンは、食べに行く価値アリ。
【オススメのお店】Pee Orr(ピーオー)
アクセス:BTSのラチャテウィー駅から徒歩約5分
住所:68/51 Phetchaburi ,Khwaeng Thung Phaya Thai, Khet Ratchathewi, Krungthep Mahanakorn 10400 Bangkok
9位:ホイトート(牡蠣のお好み焼き) ホイトートの「ホイ」は貝、「トート」は揚げる、という意味です。ふわふわの牡蠣がたっぷり入ったこの料理は、生地の外側はパリパリ、サクサクしていて、中はもちもちした食感が楽しめます。 オススメ店「ピア21 フードターミナル」は、大型ショッピングセンター「ターミナル21」内のフードコートで、30店舗ほどのお店が集まっているので、気軽に色んな種類の料理を食べることができます。 【オススメ店】Pier21 Food Terminal(ピア21 フードターミナル) アクセス:BTSのAsok(アソーク)駅から「ターミナル21」直結の出入り口あり。「ピア21 フードターミナル」は5階
9位:ピア21 フードターミナルの「ホイトート(牡蠣のお好み焼き)」
ホイトートの「ホイ」は貝、「トート」は揚げる、という意味です。牡蠣がたっぷり入ったこの料理は、生地の外側はサクサク、中はもちもちした食感が楽しめます。 オススメ店「ピア21 フードターミナル」は、大型ショッピングセンター「ターミナル21」内のフードコートで、30店舗ほどのお店が集まっているので、気軽に色んな種類の料理を食べることができます。
【オススメ店】Pier21 Food Terminal(ピア21 フードターミナル)
アクセス:BTSのAsok(アソーク)駅から「ターミナル21」直結の出入り口あり。「ピア21 フードターミナル」は5階
住所:Terminal21 5floor, 2,88 Sukhumvit Soi 19(Wattana) Sukhumvit Rd. North Klongtoei, Wattana, Bangkok 10110
10位:テンモーパン(スイカシェイク) 暑いバンコクでぜひ飲みたいのがフルーツを使ったシェイク。中でもスイカシェイクがオススメ!スイカの爽やかな甘さが夏場の乾いた体に染み渡ります。ちなみにタイ語でシェイクは「ナームパン」といい、「ナーム」は水を指します。シェイクの種類により、この部分に材料名が入り、テンモーパンの「テンモー」がスイカ、「パン」はかき回すという意味です。 オススメ店「マンゴツリー」は日本にも進出している人気店で、バンコクの店舗は邸宅を改装した一軒家レストランです。お洒落な店内でひと息つきませんか? 【オススメのお店】Mango Tree(マンゴツリー) アクセス:BTSのSala Daeng(サラデーン)駅1番出口から徒歩約5分。
10位:マンゴツリーの「テンモーパン(スイカシェイク)」
暑いバンコクでぜひ飲みたいのがフルーツを使ったシェイク。オススメはスイカシェイク!スイカの爽やかな甘さが夏場の乾いた体に染み渡ります。ちなみにタイ語でシェイクは「ナームパン」といい、「ナーム」は水を指します。シェイクの種類により、この部分に材料名が入り、テンモーパンの「テンモー」がスイカ、「パン」はかき回すという意味です。 オススメ店「マンゴツリー」は日本にも進出している人気店で、バンコクの店舗は邸宅を改装したお洒落な一軒家レストランです。
【オススメのお店】Mango Tree(マンゴツリー)
アクセス:BTSのSala Daeng(サラデーン)駅1番出口から徒歩約5分。
住所:37 Soi Tantawan, Surawongse Rd.,Bangkok 10500

いかがでしたか?

バンコクの街並み

タイ通のファンならではの絶品グルメ、いかがでしたか?日本の文化とは異なるタイ・バンコクならではのグルメを満喫することで、タイ旅行をより一層、思い出深いものにしてくださいね。

「本場で食べたい!バンコクグルメランキング」はこちら>>

タイツアー特集はこちら>>

【Pinterestでバンコクのグルメを中心に、素敵なイメージを集めてみました!】
H.I.S. Japan さんの Pinterest ボード「Bangkok gourmet」をフォローしましょう。