日本から2時間半のヨーロッパ!?NEXT韓国!?
NEWフォトジェニックなウラジオストク♡

H.I.S.が運営する、旅する女子のためのInstagramアカウント「タビジョ」では、新たなフォトジェニックスポットを開拓いただき、その最新レポートをお届けすることを目的に、定期的に「タビジョレポーター」を実施しています。
本日はその第63弾として、タビジョレポーター in ウラジオストク(2018/6/26~6/29)をお届けします。
H.I.S.が運営する旅する女子のためのInstagramアカウント「タビジョ」にて、ステキなお写真をUPして頂いている@lifestock_yuukiさんが体験してきてくれました。

今回、lifestock_yuukiさんにはロシア・ウラジオストクの可愛い街並みをご紹介頂きます♪
それでは早速ご覧下さい!

日本から2時間半で行けるヨーロッパがある事を知っていますか?それはロシアのウラジオストク。東西に広大なロシアの極東に位置するので、韓国へいくのと同じつもりで遊びに行けちゃうんです!そんなウラジオストクで行くべきフォトジェニックスポットをご紹介♡

〜ウラジオストク市内〜

噴水通り(アドミララ・フォキナ通り)/スヴェトランスカヤ通り


ウラジオストク市内にあるアドミラーラ・フォーキナー通り(通称 噴水通り)周辺はヨーロッパらしさ溢れるスポットです。

通りの左右にはおしゃれなカフェが立ち並び、少し入った小道もガーラントが飾られてあったりと雰囲気抜群。


旧市街と呼ばれる一角もあり、通りから一歩入ると迷路のよう。
ウォールアートもあちこちにあって、巡りながら写真を撮るのもオススメの過ごし方です。

古い建物を活かしたホテルやショップなどが立ち並ぶ通りを歩いているとここが日本から2時間半だなんて忘れてしまいます。

パステルカラーにペイントされた建物が多く、看板などの文字も色がつけられている場所が多くカラフルで可愛いですが、色味が落ち着いているので大人な印象も。

Restaurant/Lozhki Ploshki


スヴェトランスカヤ通りにあるエメラルドグリーンの外観がとっても目立つレストラン。
若者に人気のカジュアルなロシア料理のお店です。
内装は沢山のキッチングッズを使われていて田舎のお家にお邪魔したような気分にさせてくれます。

ロシアと言えば!のピロシキも沢山メニューがありました。
酸味の効いたチェリーのパイもロシアでは有名なデザートだそうです。

サワークリームを混ぜていただくボルシチ(赤カブのスープ)は絶品でした!

Café/Mugue


噴水通りに最近出来たばかりのおしゃれカフェ。
夜に行ったにも関わらず店内はスタイリッシュなファッションに身を包んだ若者でいっぱいでした。

ピンクを基調とした店内はネオンやゴールドなどがうまく使われていてとってもおしゃれ!ロシアのイメージがすっかり変わりました。


カトラリーセットもピンクにハートのロゴがとってもキュート♡
ドリンクメニューは不思議なものが多く、色々な飾り付けも珍しいものが沢山でした。

通りに面した窓は全て席になっているので絶好のフォトスポット!ブルーに赤いラインが入ったタイルもとっても可愛いのでオススメ。

グム百貨店の中庭


19世紀末の建物の老朽化に伴い2016年にリノベーションされウラジオストクの新名所となったグム百貨店。
その時代の面影を残した中庭はまるでテーマパークのようで若者に人気のスポットです。

レンガ造りの建物にはこちらもアートがあちらこちらにあり、写真を撮っている人も沢山でした。

新しいカフェやショップも沢山入っているので、どこも賑わっていました。
どのお店も外観も可愛かったので、どのお店に入ろうか迷ってしまいますね。

潜水艦C-56博物館



旧ソ連時代に実際使われた潜水艦の中が博物館になっている観光スポット。

歴史や残存物などの展示スペースの奥には、なんと!リアル潜水艦の中を実際に触ったりできるコーナーがあります。

運転手の席にも実際に触れたり、魚雷なんかも見れちゃいます。
博物館と侮るなかれな楽しさなので、是非訪れてみてくださいね。

ニコライ二世凱旋門

ここは潜水艦博物館の裏に突如現れます。
美しい装飾の門は目を見張ります。
現地ではウエディングフォトにも使われるそうですよ。

プリモリエ銀行


ニコライ二世凱旋門から見えるスヴェトランスカヤ通り沿いのエメラルドグリーンの建物は実は銀行なのですが、外観がとってもフォトジェニックなのでオススメのフォトスポットです♡

前の通りは交通量が多いので写真を撮る際は注意してくださいね。

シベリア鉄道終着駅 ウラジオストク駅

ロシアと言えば!シベリア鉄道。旅行好きの方は1度は乗ってみたいと思うことでしょう。
モスクワからやってくるシベリア鉄道の終着駅がウラジオストクにはあります。
実際に乗らなくても、駅構内は自由に見学できます。

やはりオススメは駅のゲート前での撮影ですが、人もバスなどの車も多くて中々大変でした。けれど根気よく待って念願の駅との撮影をしてきました。


更に駅構内もレトロでとっても可愛いんです。


実際に走るシベリア鉄道の撮影が禁止されていますが、昔の列車は撮影OK。
真っ黒に赤のアクセントがとても格好いいですよね。

鷹の巣展望台


ウラジオストクの街並みとルースキー島への美しい橋が一望出来ます。
ここは現地ではデートスポットになっていて、
展望台の柵には沢山の南京錠がかけられていて恋人たちのおまじないだそうです♡

初めてのロシア。まさか片道2時間半でその夢が叶うなんて驚きでした。
想像していた街並みとは全く違って街並みがとっても可愛い♡
是非カメラ片手にフォトジェニックスポット巡りを楽しみに出かけてみてはいかがでしょう?

【首都圏発着】ヨーロッパ旅行特集>>
【関西発着】ヨーロッパ旅行特集>>

<@lifestock_yuukiさん Instagramアカウント>
https://www.instagram.com/lifestock_yuuki

<こちらの記事もオススメ!>
こんなビーチみたことない!ウラジオストクのおすすめスポット
https://magazine.his-j.com/archives/28251
ユーレイルパス&ユースホステルを利用してヨーロッパ周遊!ドイツ・スイス・イタリア・フランスの見所を一度に満喫!
https://magazine.his-j.com/archives/25582
H.I.S.スタッフのタビジョが体験!オーロラ以外も楽しめるフィンランドの可愛い街並み♪
https://magazine.his-j.com/archives/21884
絵本の世界広がる運河に囲まれた村、個性的な形をした住居…。可愛い&オシャレが詰まったオランダの魅力
https://magazine.his-j.com/archives/18096
オランダはチューリップや風車だけじゃない!カフェ巡りに夢中になった♡〜レーワルデン・ロッテルダム編〜
https://magazine.his-j.com/archives/18199
初めてフランスを訪れる方必見!定番観光スポットでオシャレに撮れるアングル探し♪
https://magazine.his-j.com/archives/17778
インスタにupしたくなる!オシャレなフードスポット5選 inフランス
https://magazine.his-j.com/archives/17346
「チロル」ってどこ!?人に薦めたくなる癒しの旅先
https://magazine.his-j.com/archives/12724