女子の大好きが溢れてる!冬のオランダの魅力
2018年最新情報をお届け♪

H.I.S.が運営する、旅する女子のためのInstagramアカウント「タビジョ」では、新たなフォトジェニックスポットを開拓いただき、その最新レポートをお届けすることを目的に、定期的に「タビジョレポーター」を実施しています。
本日はその第75弾として、タビジョレポーター in オランダ(2018/12/01~12/06)をお届けします。
H.I.S.が運営する旅する女子のためのInstagramアカウント「タビジョ」にて、ステキなお写真をUPして頂いている@koichaaaaaaamさんが体験してきてくれました。

今回、koichaaaaaaamさんにはオランダ・アムステルダム、マーストリヒト、アイントホーフェンについてレポートしてもらいました。今回注目なのが、世界でもあまり見ない洞窟のクリスマスマーケットを体験できる「マーストリヒト」とデザインの街「アイントホーフェン」。あまり聞きなれない方が多い都市かもしれませんが、アムステルダムでは見ることができない魅力が沢山詰まった街です。今回はこの2都市のクリスマスシーズンに是非訪れていただきたいスポットを紹介します。もちろんアムステルダムの魅力もお伝えしますのでお楽しみに♪

それでは早速ごらんください!!

日本のイメージでは12月25日で終わるクリスマスマーケットですが、ヨーロッパでは開催期間が長く、11月中旬から12月25日以降年末まで行っている場所も多いようです!日本とは文化も歴史も違う…オランダならではのクリスマスの魅力をお伝えします!

1.マジカルマーストリヒト–テーマパークのような空間で童心に返るひと時を-

マーストリヒト駅から徒歩15分。
バスで近くまで向かうことも出来ますがクリスマスモードの街並み全体を楽しみながら歩いていくこともおすすめです。
人の波に乗っても辿り着く程、街で一番賑わうフライトホフ広場は華やかなムード一色です!!

マジカルマーストリヒト
《クリスマスソング》が街中を包み、まるでテーマパークのような空間は、この場所ならでは。
ゲートをくぐるとまず目に入ってくる観覧車に私たちも早速興味本位で乗ってみました。

Spot1: 観覧車

実はとっても高速で動きます。

マジカルマーストリヒト
運よく頂上で止まりマーケット全体が明らかに!身を乗り出してのぞいて見ると…

マジカルマーストリヒト
街中が一望できます。
さらにコーヒーカップのように中央のハンドルを自分たちで操作出来るのでゴンドラ自体が自転をしながら360度夜景を楽しむことが出来ます!童心に返り大興奮!
10周ほどしてくれるので満足感も大。一度は乗ってみる価値があります。

中央のスケートリンクを囲むように屋台が並び、旧市街の街並みへのライトアップもオランダらしいですね…
ちなみに中央の大きなスケートリンクはこちら。

マジカルマーストリヒト

この後多くの人で溢れ、地元の人はもちろん観光客で賑わっていました!そして、クリスマスマーケットの魅力はイルミネーションだけでなくやっぱり…

Spot2: 食べ歩き

《美味しいもの》をたくさん食べて幸せなひと時。広場内にはレストラン・カフェもあります。

マジカルマーストリヒト
遊び心のあるスイーツも沢山。

マジカルマーストリヒト
《甘い香り》に包まれて食欲も増します!

マジカルマーストリヒト
サンタさんの横にある工具型のこちらはチョコレートです!

街の中でこの一角はクリスマスらしく -童心- に帰れる場所です!
ちなみに昼間の雰囲気はこちら。


左奥にあるのは夜ライトアップされていた聖ヤンス教会。実はヨーロッパでも珍しい[真っ赤な教会]。
広場の前はレインボーロードにもなっています!お時間がある方は昼から広場周辺を楽しんで下さい。

—–Info—–
開催日時:今年度は終了
時間:10:00~22:00
場所:フライトホフ広場
料金:入場無料
————–

2.ファルケンブルク–世界最古の洞窟のクリスマスマーケット-

マーストリヒトから電車で15分程のValkenburg駅。そこから徒歩10分程にあるマーケットにも足を運びました。
駅にもツリーやライトアップされたオブジェがあり既にクリスマス一色です。
まずは、テディベアのオブジェがお出迎え。

ファンゲンブルク
メイン通りを抜けるとメリーゴーランドや飲食店も並び…ワクワクする空間が広がります!

ファンゲンブルク
少し歩き疲れていたので、まずは早速ひと休憩。ホットココアとハーブティで温まりました。

ファンゲンブルク
そしてここ地域で有名なのは一風変わった-洞窟の中-にある、世界のベストクリスマスマーケットに何度も選ばれている場所です!

洞窟入り口では、チケット購入で少しだけ並びました。
事前に調べた際は長蛇の列と書いてあったので、クリスマス前後はとても混むかもしれません!

ファンゲンブルク

早速チケットを購入し…洞窟内へ。

ファンゲンブルク
クリスマスらしいオブジェの数々、オランダならではのストロールワッフルが焼き立てで食べられたり、カフェでグリューワイン(ホットワイン)を飲めたり…と洞窟内の独特な空間を楽しむことができます。

ファンゲンブルク
洞窟とはいえ中はとても広いので時間に余裕を持った観光をオススメします!

ファンゲンブルク

洞窟内は道幅もあるので、お子様連れでも人混みを避けて楽しめる場所です!

ファンゲンブルク
—–Info—–
開催日時:今年度は終了
時間:10:00~19:00(※(金)(土)10:00〜20:00)
料金:7€/大人
————–

3. Gusj Market Strijp-S –デザイナーの街でワンランク上のクリスマスアイテム探し-

アイントホーフェンから電車で15分程のEindhoven Strijp-S駅にある、デザイン・インテリアショップへ。

GUSJ MARKET

中には家具はもちろん観光客でも購入出来るキャンドルやインテリアもたくさん!

GUSJ MARKET
テーマカラーのお花でアレンジされたクリスマスツリーはワンランク上のインテリア…

GUSJ MARKET
理想の自宅のインテリアを想像したり、小物を購入したり、、行程に余裕のある方へはオススメの場所です。

—–Info—–
営業時間:11:00~18:00(※曜日によって異なる)
場所:[Gusj market] Ketelhuisplein 7,5617 AE Strijp-S
URL:https://www.gusjmarket.nl/
————–

4.アムステルダム–王道の観光地巡り-

何と言ってもオランダ一番の中心地アムステルダムといえば、運河!

アムステルダム 運河

チューリップの花市場!

アムステルダム チューリップ

そんな印象が多いアムステルダムの冬の魅力は…?
駅を降りた瞬間の華やかさとイルミネーションの規模がとても印象的でした。

Spot1:AMSTERDAM CENTRAL Station

まず、アムステルダム中央駅自体外観がとても綺麗なのですが、東京駅と似たつくりで親近感もありました…
アムステルダム 中央駅
とってもきらびやかです!
滞在中のお昼間には…雨上がりに運よく綺麗な虹が見えました!!!

アムステルダム 中央駅

早速、街中を散策!
アムステルダム市内は多くのトラムとバスが走っているので、
滞在スケジュールに合わせて1H/24H/48H…と時間ごとで選べるバスとトラムの乗り放題チケットを買うことをオススメします!

アムステルダム 中央駅

こんな風に電光掲示板で行きたいスポットの乗り場と時刻がリアルタイムで分かるので、とても過ごしやすい街です!

Spot2:クルーズで巡るライトフェスティバル

クリスマスの時期、街中には世界各国のアーティストが手掛けた多数のライトアート作品が街中に散りばめられています!
今回はクルーズで運河から眺めることにしました。

チケットはアムステルダム中央駅を出てすぐ目の前の乗り場で購入出来ます。事前予約も可能ですが今回私たちは当日その場で購入。

アムステルダム 運河

言語対応の音声ガイドで作品の紹介もしてくれます。
オランダは冬の日照時間が短いので16:30過ぎ頃からは真っ暗になるので、クルーズで通った同じ場所に歩いて行って見ても面白いですね。

そして、街歩きでのオススメはマヘレの跳ね橋。1800個程の電球で照らされた橋はずーっと見ていられるので、ベンチで休憩をしながら綺麗なライトアップを堪能できます。

アムステルダム 運河

写真では伝えきれませんがとっても綺麗でした!
そして、有名なダム広場も…キラキラのイルミネーションと多くの人で賑わいます♪

アムステルダム 運河

トラムを使用してサクサク移動ができるので、気になる場所をピックアップして効率良くルートを考えて周ると楽しさが倍増します。

Spot3:ICE AMSTERDAM

アムステルダムの中心、美術館の目の前には冬の時期にスケートリンクが出来ます!

余談ですが、私たちはアムステルダム国立美術館見学の後に楽しみました。
ちなみに美術館の中はこちら。展示物はもちろん館内の大きなステンドグラスも印象的です!

アムステルダム国立美術館

運河が凍る年は自然のスケートリンクを楽しむ文化のあるオランダ。
中心地ということもあり多くの人で賑わっています!レンタルの靴とリンク使用料金で€11

ICE AMSTERDAM

屋外なので万が一の雨天時は連泊であればぜひ行程を組み替えてでもこの時期楽しみたいスポット。

ICE AMSTERDAM
昼間からホットワインを飲みながら待つお父さんの姿も。家族・カップル・女子旅…どんな方でも楽しめるスポットです。

ICE AMSTERDAM

3時間あれば美術館と併せて訪れる価値のあるスポットです!

-豆知識-
観光客のフォトスポットのI amsterdamは、12月5日ちょうど私たちの旅行中に撤去となったようです。
観光ブックにもまだ載っているかと思うので、是非お気をつけ下さい!
スキポール空港にはロゴがあるようなので、気になる方は空港でチェックしてみて下さい。

5. イルミネーションやクリスマスマーケットだけじゃない –街中の小さなクリスマス-

Spot1: Polaberry

アムステルダム・ダム広場から徒歩5分。運河沿いにある小さなショップには可愛いケーキがずらり。
一見、アイスバーに見えるこちら。

POLA BERRY

季節らしいデコレーションが楽しめるケーキです!
店内奥にはフォトスポットもあります。

POLA BERRY
運河沿いでの食べ歩きも、少し休憩がてら店外のベンチで食べるのも良いです。

POLA BERRY
小さなクリスマスを感じられるスポットです。

Spot2: Flower Shop

アムステルダムといえば- シンゲルの花市場 –も有名ですが、街を歩いていると可愛らしいフラワーショップがありました。
お店の外からクリスマスモード満載!

アムステルダム FLOWER SHOP

店内にはクリスマスツリーや可愛らしいオーナメントがずらり。

アムステルダム FLOWER SHOP

一風変わったオーナメントもあるので、、笑

アムステルダム FLOWER SHOP
変化球のお土産にはぴったりかもしれません!

事前にリサーチした場所に行くのも良いですが、街歩きで見つける新しい発見もたくさんあるオランダ!
ベストシーズンが-春-のイメージのオランダですが、-冬- にしかない魅力がたくさん詰まっています!!!

今回のレポートでお世話になったのがKLMオランダ航空

クルーの方もオランダの人柄が溢れていて、とても親切で気さくな人が多く、初めてのオランダ旅でも安心です!
機内食も美味しく、風車や自転車など、オランダらしい柄のかわいらしいデザインのパッケージに行く前からわくわくします。

おやつには名物のワッフルも早速出るので…現地での【焼き立て】と食べ比べてみてください!

いかがでしたか??
クリスマスシーズンならではのスポットで、見ているだけで”楽しい”が伝わってきましたね♪帰国後のインタビューでは、何より人の暖かさや、治安の良さも魅力の一つだと教えてくれました。女性同士の旅行でも安心して訪れることができそうですね。是非今年のクリスマスはオランダを訪れてみませんか?

協力:オランダ政府観光局
www.holland.com/jp
Instgramアカウント@orandaisuki

協力:KLMオランダ航空
www.klm.co.jp
LINE公式アカウント @klmjp

今回のレポート動画もチェック!!

<@koichaaaaaaamさん Instagramアカウント>
https://www.instagram.com/koichaaaaaaam/

「タビジョレポート」から生まれたタビジョツアー!!オススメスポットなども紹介☆
タビジョツアー詳細はこちら>>

撮影した写真をその場でInstagramにUP!お店やレストランをインターネットで探すのにも便利♪
世界中いつでもどこでもインターネット!
海外格安Wi-Fiレンタルサービス グローバルWiFi はこちら>>

※スポット情報は2018年12月時点の情報です。

<こちらの記事もオススメ!>
冬のヨーロッパってどうなの?!冬だからこそおすすめしたい!!オランダ・アムステルダム周辺のおすすめスポット♪
https://magazine.his-j.com/archives/30439
オランダ3都市のおすすめスポットを紹介♪ハーグ、ロッテルダム、ユトレヒト
https://magazine.his-j.com/archives/27145
絵本の世界広がる運河に囲まれた村、個性的な形をした住居…。可愛い&オシャレが詰まったオランダの魅力
https://magazine.his-j.com/archives/18096
はじめて訪れるオランダ4泊6日のプラン-ハーグ・ロッテルダム・ユトレヒト-
https://magazine.his-j.com/archives/27147
オランダ♡フォトジェニックなフードスポット 〜アムステルダム編〜
https://magazine.his-j.com/archives/18139
オランダはチューリップや風車だけじゃない!カフェ巡りに夢中になった♡〜レーワルデン・ロッテルダム編〜
https://magazine.his-j.com/archives/18199
“入園”ではなく“入国”?!今行くべき日本一のイルミネーション!長崎ハウステンボス!
https://magazine.his-j.com/archives/29456