女性に優しい・嬉しい・楽しいが詰まったブリスベン・モートン島〜ゴールドコースト

H.I.S.が運営する、旅する女子のためのInstagramアカウント「タビジョ」では、新たなフォトジェニックスポットを開拓いただき、その最新レポートをお届けすることを目的に、定期的に「タビジョレポーター」を実施しています。
本日はその第51弾として、タビジョレポーター in オーストラリア<ブリスベン・モートン島&ゴールドコースト>(2018/3/21~3/25)をお届けします。
H.I.S.が運営する旅する女子のためのInstagramアカウント「タビジョ」にて、ステキなお写真をUPして頂いている@happy_misaeさんが体験してきてくれました。
オーストラリア ゴールドコースト世界で3番目に大きな砂の島・モートン島では、自然を満喫するアクティビティと動物とのふれあいを体験頂き、ゴールドコーストではトラムを上手に活用して様々なスポットをレポート頂きました。
初めて訪れる方にぜひおすすめしたいスポットを中心にまとめて頂いているので、ぜひご覧下さい♪

女性に優しい・嬉しい・楽しいが詰まったブリスベン〜ゴールドコースト

私にとって初めてのブリスベン、10年以上ぶりのゴールドコーストとなる今回のレポート旅。
プランを立てながら、知らないブリスベンの情報に目を大きくし、ゴールドコーストについては過去からのリニューアルっぷりに胸躍らせてばかりでした。
それに今回はひとり旅。
いつも以上に旅のエンジンは早くから全開MAXに!!
オーストラリア ブリスベン

■モートン島

ブリスベンの滞在は市街地ではなく、港から高速カタマランに乗って1時間程で行ける『モートン島』をフィーチャーしました。
オーストラリア ブリスベンのビーチと高速カタマランモートン島は、クイーンズランド州の自然溢れる南国パラダイス。
宿泊した『タンガルーマアイランドリゾート』には、シュノーケリングをはじめとするマリンアクテビティ、砂の島特有のツアー、ヘリでの周遊など魅力的なアクテビティがいっぱい!
オーストラリア モートン島私は4WDで山道をワイルドに走行したり、砂丘を滑り降りる『デザートサファリツアー』に参加。
ひとり旅でも、他のツアー参加者の方々と一緒に子供みたいにはしゃいで遊びました!
オーストラリア モートン島 デザートサファリツアーまた、こちらは野生のイルカの餌付けでも有名。
毎日決まった夕飯の時間にやってくるイルカたち。
オーストラリア モートン島 野生のイルカに餌付け実は手渡された魚が小さめだったので、あげる時に手を差し出すのが少し怖かったのです。
でも、人間を信頼して近づいてくる愛らしい様子、魚を受け取る時のイルカの優しい動き・・
その姿を見て、すぐにそんな気持ちは消えて大きな感動に包まれました!
イルカとあんなに間近で触れ合う事ができたなんて貴重すぎる体験でした。
オーストラリア モートン島 野生のイルカに餌付けサンセットが美しい事でも有名(この日はあいにくの曇り空)で、朝の緩やかな風に吹かれながらのビーチ周りのお散歩も快適すぎました。

オーストラリア モートン島 アイスクリームそして、こちらにいるスタッフのみなさんは、島の施設に住みながら働いているので、スタッフと言うよりも住民のような雰囲気。
だから、他のリゾート地よりもずっと親しみやすく温かさを感じて帰りたくなくなったくらい。。。
オーストラリア モートン島 ホテル「タンガルーマアイランドリゾート」

■ゴールドコースト

翌日はゴールドコーストへ移動。
57キロにも及ぶ長いビーチはやっぱり圧巻!
力強いのに優しい波と白く細かな砂がたまりません。
オーストラリア ゴールドコースト サーファーズパラダイスオーストラリア ゴールドコースト サーファーズパラダイスサーファーズパラダイスやバイロンエリアはガイドブックやSNSに情報が溢れているので、私はローカルから人気のエリア『ブロードビーチ』と『マーメイドビーチ』をフィーチャーすることに。
オーストラリア ゴールドコースト ブロードビーチこれらのエリアにはトラムやバスを利用して簡単に行けるので、初めてさんや海外でレンタカーの運転が苦手な方でも楽しめますよ。
オーストラリア ゴールドコースト トラムオーストラリア ゴールドコースト トラムのチケット知ってる方も多いですが、オーストラリアのカフェはとにかく可愛い!カラフル!そしてヘルシー!
そして、女子がこだわる美容に欠かせないスーパーフードの宝庫!

それらがトータルコーディネートされたカフェ『Grocer & Grind』でランチ。
オーストラリア ゴールドコースト カフェ「Grocer & Grind」オーストラリア ゴールドコースト カフェ「Grocer & Grind」周りのお客様のどのメニューもカラフルで美味しそうすぎて、しかも女子にぴったりボリューム。
迷いに迷ってこのボウルとコールドプレストジュース、アサイーボウルをオーダー。
オーストラリア ゴールドコースト カフェ「Grocer & Grind」この時はゴールドコースト観光局の方とランチをさせて頂いたのですが、今ゴールドコーストではハワイのポキが流行っている事を聞き、ハワイ好きな私は、翌日マーメイドビーチにある人気店へ行くことに。

オーストラリア ゴールドコースト カフェ「poke poke」 『poke poke』
ハワイのポキ丼をオーストラリア風にヘルシーにアレンジし、予想をはるかに上回るクオリティに仕上がっていてびっくり!
オーストラリア ゴールドコースト カフェ「poke poke」 ポキ丼野菜もたっぷりで味付けも優しくて最高の“オージーポキ丼”でした。

次にハズせないスポットとしてフィーチャーしたのは、ヘレンズベールの『ナイトクォーター』。
ヘレンズベールは、サーファーズパラダイスからトラムで30分程度の距離にある街です。オーストラリア ヘレンズベイル「ナイトクォーター」ナイトクォーターとは、毎週金曜と土曜に開催される夜市のこと。営業時間は16時から22時。
オーストラリア ヘレンズベイル「ナイトクォーター」オーストラリア ヘレンズベイル「ナイトクォーター」グルメ屋台やスイーツ、可愛い小物やアートなどが売られていたり、ステージではマジックや音楽ライブが行われたり賑やかでお祭りみたい!
オーストラリア ヘレンズベイル「ナイトクォーター」ファミリーやカップルが週末の夜を楽しむ雰囲気で、警備員や清掃員などスタッフも多くて安心・安全に夜遊びできます。
それにゴールドコーストのトラムは、週末は24時間走っているので、ナイトクォーターの終わる時間まで、時間を気にせず遊ぶことができるのも特徴。
私は一人でオープンから最後までいて、気持ちも胃袋も満たされました!笑
オーストラリア ヘレンズベイル「ナイトクォーター」年間を通して温暖な気候、オーガニックをはじめとする美容フードやスイーツ、オシャレカフェの充実、UGGなどのファッションアイテムの安さ。(←これ重要、笑)
そこに可愛い&フォトジェニックが加わるという贅沢さ。
今回のレポートでゴールドコーストがとてつもなく女性にピッタリだと痛感しました!!
オーストラリア ゴールドコースト カフェ「THE CARDAMOM POD」 『THE CARDAMOM POD』

オーストラリア ゴールドコースト カフェ「elk espresso」『elk espresso』

そして、旅の基準として大切な「治安」の良さもゴールドコーストの魅力の一つ。
あまり海外に行ったことがなくて不安という旅ビギナー世代にもぴったりですね。

そしてもう一つ付け加えるなら、アメリカ・アジアなどいくつもの国をひとり旅している私からは、ゴールドコーストなら「是非ひとり旅にチャレンジしてみて!」とひとり旅デビューもおススメします。
オーストラリア ゴールドコースト

いかがでしたか?

モートン島での自然満喫体験、ゴールドコーストでのお洒落カフェや安心・安全な夜遊び体験など、1度の旅行で色んな楽しみ方がある旅でしたね!
今回のレポートを参考に、今度はあなた自身がオーストラリアを訪れてみませんか?

オーストラリア旅行に行きたくなった方はこちら
【首都圏発着】オーストラリア特集
【関西発着】ゴールドコーストを訪れるおすすめツアー

<@happy_misaeさん Instagramアカウント>
https://www.instagram.com/happy_misae

<こちらの記事もオススメ!>
オーストラリアを代表する世界遺産 エアーズロックで自然の偉大さを体感する旅
https://magazine.his-j.com/archives/25683
ケアンズから行けるオススメ穴場スポット!ポートダグラスで過ごす1泊2日プラン
https://magazine.his-j.com/archives/24467
オトナ女子必見!アクティビティだけじゃない、パームコーブ滞在で叶えるケアンズゆったり旅
https://magazine.his-j.com/archives/24419
初めてのシドニーで押さえておきたいフォトジェニックスポット♪
https://magazine.his-j.com/archives/24340
ケアンズの世界遺産!!!キュランダ村へプチtrip!!
https://magazine.his-j.com/archives/24175
海だけじゃない!ゴールドコースト行ったら絶対訪れたいオススメスポット5選
https://magazine.his-j.com/archives/23811
一度は訪れたい世界遺産!グレートバリアリーフを日帰り体験
https://magazine.his-j.com/archives/23519
カフェだけじゃないメルボルンの魅力!定番&穴場のフォトジェニックSPOT 5選
https://magazine.his-j.com/archives/23242
旅するヨガインストラクターなタビジョ厳選♪オーストラリア・パースのおすすめスポット5選!
https://magazine.his-j.com/archives/22928
オーストラリア・メルボルンに留学しているタビジョ厳選♪メルボルンに来たら絶対行ってほしいモーニントン半島
https://magazine.his-j.com/archives/20819